[USJ]おたべの2商品を撤去 期限切れチョコ使う・国内や海外・経済~スポーツなど様々なジャンルで気になった出来事などを30代の子持ちのママの視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[USJ]おたべの2商品を撤去 期限切れチョコ使う


菓子製造・販売「おたべ」(京都市南区、酒井宏彰社長)が、米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)などで販売した菓子に賞味期限切れのチョコレートを使っていたことが分かった。不二家問題を受けた自主調査で判明したという。同社は食べても健康に影響はないとしている。USJは2商品を店頭から撤去した。 でも、自主調査して判明されるのは何もUSJだけではないと思えてしまいますよね。  
USJで販売したのは、若狭工場(福井県若狭町)で製造したチョコレート「Hello Kitty」と、クリームサンドイッチクッキー「SNOOPY」。賞味期限が昨年3月3~17日のチョコレート原料やチョコクリームを使った。昨年3月13~今月17日にUSJ内売店で計2万822個が売れたという。同工場で製造したチョコレート「HAPPA COHOLATE」も賞味期限切れのチョコ原料が使われ、京都地区で売られていた。工場側が「チョコレートは日持ちする」と判断したといい、同社社長室は「認識が甘かった」としている。 「チョコレートよりも甘すぎます!(怒)」  USJは同社が製造した他の10商品についても、問題がないことを確認したが、当面、この2商品と合わせて販売を中止する。 何のための賞味期限を表示しているのか、これなら表示しないのと 同じこと、食品メーカーさんはもっとお客様のことを第一に思えばこんな事体にならないはずなのに、認識が甘いし客を客とも思っていないのでしょうか・・・。 (ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。