そのまんま東氏が当確・国内や海外・経済~スポーツなど様々なジャンルで気になった出来事などを30代の子持ちのママの視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのまんま東氏が当確


ま、まさか当選するとは思っていなかったから少し衝撃的でした。 宮崎県の官製談合事件で逮捕された前知事の安藤忠恕(ただひろ)被告(65)の辞職に伴う出直し知事選は21日投開票され、元タレントのそのまんま東氏(49)=本名・東国原(ひがしこくばる)英夫=が当選を確実にした。
高い知名度を生かし、事件で生じた行政・政治不信を背景に、前林野庁長官の川村秀三郎氏(57)や元経産省課長の持永哲志氏(46)ら4氏を振り切った。県民は行政・政治経験のない東氏に県政刷新を託し、官民癒着や「しがらみ」からの決別を強く求めた。  事件では競売入札妨害罪で起訴された安藤前知事を含め、県幹部7人が逮捕された。新人5人が立候補した知事選では入札制度の改善や県政刷新のあり方が争点となった。  同県都城市出身の東氏は「しがらみのない政治ができるのは自分だけ」と主張し、同級生らが草の根運動を展開。「宮崎のセールスマンとなって全国に売り込む」と訴えた。一方で、出馬表明時に芸能界からの引退を宣言。選挙中はタレント仲間の応援は求めず、観光振興や防災対策などを訴え、支持を集めた。 ただ有名人だからとう理由だけで当選した、ではないことを祈ってマス。 (ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。