NHKの“芸能の顔”宮本隆治はワイドショーの司会者になる ・国内や海外・経済~スポーツなど様々なジャンルで気になった出来事などを30代の子持ちのママの視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの“芸能の顔”宮本隆治はワイドショーの司会者になる


この方、とっても人気なのでしょうか? でもワイドショーの司会担当なんてイメージが・・・・ ですよね。 3月でNHKを円満退局する宮本隆治(56)は民放のワイドショーの司会を担当することになりそうだ。宮本の退局は役職定年制度に伴うもので、実は嘱託のような形で局に残って3年間はアナウンサーを続けることもできる。それを振り切ってフリーに転身する決意をしたのは民放からの強いオファーがあったからだという。
「宮本はこれまで『のど自慢』や『紅白歌合戦』といった看板番組を担当し、NHKの“芸能の顔”と呼べる存在です。以前から民放の誘いが多く、今回も各局から猛烈なオファーを受けたと聞いています。NHKのアナウンサーには民放から“ウチの番組をやってくれ”とか“○○の司会を頼む”といった話がきますが、宮本も具体的な依頼を受けていました。すでに番組も決まっていますよ」(放送関係者)  その番組が昼のワイドショーといわれているのだ。候補としては「ザ・ワイド」(日本テレビ)や「ピンポン!」(TBS)、「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)の枠が考えられるが、近々改編のウワサがあるのは「ザ・ワイド」と「ピンポン!」で、可能性があるのは日テレかTBS。  本人は「何も決まっていない」というが、NHKの男子アナの民放“流出”は久々だけに、行方が気になるところだ。 うん、うん、とても気になるところですね^^ (ライブドアニュース抜粋)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。