紀香、紳助の一言でオーディション合格・国内や海外・経済~スポーツなど様々なジャンルで気になった出来事などを30代の子持ちのママの視点で綴ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀香、紳助の一言でオーディション合格


 

 私、当時cancamを愛読してましたが、このころから紀香ちゃんには注目してました!

雑誌「JJ」のモデルだった藤原紀香が芸能活動を本格化させたのは、関西ローカル番組「クイズ! 紳助くん」(朝日放送)だった。 94年にオーディションで初代アシスタントに選ばれたが、“ナンパ”がきっかけだった。 当時番組プロデューサーだった同局石原康氏(47) は「関西にJJモデルで人気の子がいる」といううわさを耳にしていた。なんとか番組に起用できないか? 別のプロデューサーが電車の中で、 それらしい美人を発見。意を決して声を掛けると、紀香の友人だった。人違いの上、偶然ではあったが、 同番組と出会った紀香はオーディションに参加。50人が残った最終選考に立ち会った島田紳助の「国産車の中にフェラーリ残ってるわ」 の一言で、合格した。 さすが紳助さん、うまいことおっしゃいますね~!

芸能活動を開始したものの、所属事務所は人手不足で、紀香は衣装を詰めた大きな荷物を抱えて1人電車で局入り。それでも、明るかった。 石原氏は「陰った顔見せたことなかった。いつもニコニコニコニコしてました」。 97年に番組は卒業。 20代後半を迎えて全国区の人気者になる、意外な遅咲きだったが、アシスタントを原点に大きく花開いた。 番組スタッフとの交流はまだ続いている。「メロンとか、ロケ先の旬なもの、おいしいもん送ってくれてます」。 結納も挙式も出身地にこだわったように、原点を忘れない。明るさとともに紀香の魅力でもある。

次は赤ちゃんの誕生を楽しみにしてます^^

 

 (ライブドアニュースより引用)

スポンサーサイト
Copyright © 情報サイト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。